忘れてはいけません。
明日は8月6日。
66年前、アメリカ軍により、広島に「原子爆弾」が投下されました。

午前8時15分、一瞬にして広島市内が真っ黒になったかと思うと、
真っ赤な炎をあげて、街は焼け野原になりました。
街のあちらこちらに、真っ黒にこげている遺体が道路に大量に残されたそうです。

終戦から60年以上経った日本。
焼け野原の時代があったとは思えないくらい、
街は復興し、人々の生活は豊かになりました。

平和が当たり前と育ってきた私達。
戦争の恐ろしさ・悲しさをみんなで考える事は、とても大切な事でしょう。

今では、戦争を体験された方達も高齢になられて、
なかなかお話を聞く機会がありませんが、
この時期になると、当時の映像や語り人の皆様によって、
テレビを通して、沢山のお話を聞くことが出来ます。

私達大人が沢山学んで、子供達に伝えていきましょう。

高齢化が進む日本。
若い世代では、お年寄りを嫌がる方もいらっしゃいます。
高齢者をターゲットにした、詐欺行為の犯罪も多くおこっています。
さらに、今年3月に発生した東日本大震災に便乗して、
悪質な詐欺も発生しています。

今の私達が、こんなにも安全に豊かで平和な暮らしが出来ているのは、
戦時中や戦後、沢山の日本人が頑張って経済を支えてきて下さったからこそです。

一番大変な時代を乗り越えて来た皆様は、きっと現在の70代以上の方達でしょう。
その方達をだましたり、悲しい思いをさせたりしないで下さい。

小さな子供達に、どれだけ日本人の結束力が強いか教えてあげて下さい。
それと同時に「自分が一番」と思わず「誰かのために力になる」と、
人を思いやる心を育ててあげて下さい。

幼稚園のお友達が泣いていると「大丈夫??」と優しい声を掛ける優しさ。
お年寄りが困っている姿を見かけると「お手伝いしましょうか?」
乗り物の中で、身体が不自由なのに座れない方をみかけたら席を譲る優しさ。

我が子には、教えなくても自然に出来るように成長してもらいたいものです。
そのためには、私達大人が「お手本」を見せないといけませんね。

8月は終戦記念日もあります。
もう一度、素晴らしい「日本」という国を見つめなおして、
大きな震災に現在立ち向かっている、東北の皆様を支えあいましょう!!

(井土 千佳)






お問合せ番号 092-737-4646
メールでのお問合せはコチラ

リコスタ 11:16 comments(0)
COMMENT









お母さん!!
子供の足は6歳までに形作られます。そのため、しっかりした子供靴が必要だとご存知でしたか??
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
スマートフォンサイト
スマートフォン用サイトに
アクセスしてくださいね♪
携帯サイト
メリーグラシス携帯サイト
ぜひチェックしてください♪
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

NewEntry
Twitter
Category
Comment
Archives
Mobile
qrcode
Profile
Links
Other