お別れの時

9月に入り、ランドセルを背に歩いている子供達を見かけます
なんだか安心する光景ですね

怪獣姪っ子大好きなおおババちゃんとお別れの時が来ました。
ず〜〜っと入院していたおおババちゃん。
9月に入ってから調子が悪くなり、先日98歳で人生の幕を降ろしました。
大正〜昭和〜平成と様々な時代を、強くたくましく生きた女性でした

怪獣姪っ子おおババちゃんの死を電話で聞きました。
その瞬間「嫌〜〜〜〜〜〜」と大声で叫んだそうです。
翌日、おばちゃん電話で「おおババちゃん、死んだね」と言うと、
「知ってる言わんで」と怒られました。

もう直ぐ6歳の怪獣姪っ子今年は大事な家族2人とお別れしました。

おおババちゃんには11人の孫がいます。
ひ孫は12人。葬儀には皆集合です。

お正月とお盆には病院から外出し、
実家のベットで寝ていた白髪のおおババちゃん。
今日はいつもより数十倍キレイで、ゆっくり眠っています。

ひ孫達も会うたびに、おおババちゃんのお世話をしてくれていました。

おおババちゃんに薬を入れたり、オムツを替えたり、様子を見に走ったり
小さなひ孫達は、順番に次々とおおババちゃんに話かけたり、顔を触ったりと大忙し
小さな心に、きちんとおおババちゃんは生きていました。

怪獣姪っ子葬儀でおおババちゃんにお別れの言葉を言いました。
棺の前に立ち、おおババちゃんにお話します。
「おおババちゃん、長生きしてくれてありがとう。これからも見守ってください」
しっかりした挨拶で、参列者の皆様も涙を流してくださいました

席に戻った怪獣姪っ子しばらく涙が止まりませんでした

火葬場にも皆で行きます。
さっきまで綺麗に眠っていたおおババちゃんが骨だけになりました。

3歳になる小さなひ孫が一言「あれ、おばあちゃん??天国に行った??」
小さな子供達は、どう感じたのでしょうか??

少子化・核家族化が進んだ現代
なかなか人間が「死ぬ」と言う状況に対面することが少なくなりました。

子供が親を殺したり、命を軽く思っている人が増えたように感じます。
人間には「リセットボタン」はありません。
一度命の光が消えると、もう元にはもどりません。

おおババちゃんは、我が子供に・孫に・ひ孫達に改めて、
「命の大切さ」を教えて旅立ちました。

通夜・葬儀と・・・悲しみに包まれる夜はなかったです

亡くなってから葬儀まで、おおババちゃんは3日間実家に居ました。
毎晩沢山の親戚がやって来ます。
おおババちゃんの周りで、沢山の思い出話が始まりました
悲しい思い出はひとつもありません。出てくるのは「働き者エピソード」ばかりです。
親戚は常に大声で笑っていましたお祝いの夜のようです

90歳過ぎれはお祝いのようなものよと皆で笑って見送りました。

沢山の思い出と沢山のつながりをくれたおおババちゃん。
天国で沢山の再会を楽しんでくださいね。

今までありがとう

(井土 千佳)










お問合せ番号 092-737-4646
メールでのお問合せはコチラ

子供靴 16:01 comments(0)
COMMENT









お母さん!!
子供の足は6歳までに形作られます。そのため、しっかりした子供靴が必要だとご存知でしたか??
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
スマートフォンサイト
スマートフォン用サイトに
アクセスしてくださいね♪
携帯サイト
メリーグラシス携帯サイト
ぜひチェックしてください♪
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

NewEntry
Twitter
Category
Comment
Archives
Mobile
qrcode
Profile
Links
Other