子育て奮闘中!

先日、何年ぶりでしょうかヽ(^。^)ノ友人に会いました。
彼女の事は、以前こちらでご紹介させていただきました。

待ち合わせまでに、数回メールをやりとりしていると・・・
「出先に、子供が大量のウンチしたから、ちょっと遅れる!!」
彼女の子供らしいエピソードに、心穏やかに時間を過ごして待っていました

ベビーカーを押して颯爽と現れた彼女は(^_^)v元気いっぱいのハチャメチャ母でした。
数年ぶりの再会でも、なんだか昨日会ったような優しい時間が経過します

今回彼女と再会して様々な発見をしました。
子育て中のお母さん達にとって、友人とのランチやお出掛けは、
行き先を凄く考えるそうです。
理由は・・・
ベビーが一緒なのでベビーカーでの移動や置き場所がキチンと充実している。
オムツ交換が出来るスペースや、授乳スペースが確保されている。
ベビーが泣いても、周囲の皆様に迷惑をかけない。

ほほ〜〜言われてみればそうか(・o・)納得です。

と言う事で、待ち合わせはカジュアルなお店に
店内には沢山のベビーカーと小さな子供たちで賑わっています
隣とのテーブルスペースもゆったり広々とってあるので、
ベビーカーがあっても、すんなり通れます

お店のスタッフさんも子供連れに慣れていらっしゃるので、
小さなお子様の椅子を持ってきてくれたり食事をテーブルまで運んでくれたりと、
手際良く笑顔で接客が、なんとも感じ良かったです。

初めて会った友人のベビー何故か(^_^;)私をじ〜〜〜っつと見つめます
まるで、「謎の物体」にでも遭遇したかのように
生後6ヶ月の赤ちゃんはまだまだ人見知りもなく、抱っこしても泣きませんので、
いっぱい抱っこして遊びました(・∀・)

ハチャメチャ母さんの友人、いきなりストールを被るので何をするかと思いきや・・・
カフェの中で授乳を始めました手慣れたもので、授乳中とは思えない格好。
う〜〜ん母は強し改めて、母性の強さを思い知らされました。

もう一つ驚いたのがハチャメチャ母さんの友人の食欲\(^o^)/
いくら授乳中とは言え・・・食べ過ぎです・・・

ランチプレート食べて、パンも別購入でパクパク
その上「甘いもの食べたいねデザート食べようか
お腹がはちきれそうな私の横で「デザート食べない??食べない??」と何度も確認。

「ごめん・・私お腹いっぱいだよ。あなたは食べて」と伝えると、
「え〜〜じゃあ、場所変えてそこで食べよう

歩いて20分後、銀座三越のスペースに移動しました。
そこは、最近リニューアルしたばかりの場所で、子連れに優しいスペース

広いフロアには、テラスもあり子供たちが安全に走りまわれます
授乳室も個室で仕切られているので、他人の目を気にすることなく、
お母さんも赤ちゃんも安心して授乳が可能

さらに驚いたのは「おむつ交換室」もあり、汚物もキチンと捨てる事が出来るのです。
交換台には、ベビーが誤って落ちないように「ベルト」も付いています。
台の高さも、お母さん達の体制に無理がないように設計してあります。

福岡では、なかなか見かけない施設で、
「さすが!!東京はこういう所で発展しているな」と感心しました。

ハチャメチャ母さんの友人「ちょっとトイレに行ってくる」と、
おむつ交換室から出て行きました。
数分後・・・ベビーをあやしながらおむつ交換室の自動ドアが開いた瞬間
向かい側の「授乳室」に入っていく、ハチャメチャ母さんの友人の姿を発見

「そっちじゃないよ〜〜〜〜」と慌てて声をかけると、
「アハハハは〜〜どっちがどっちか分からなくなった(^^)」とのんきに戻って来たのです。

沢山の困難や不安を乗り越えて、30代後半での出産を経験した友人。
陣痛も長く、あと少しで帝王切開しないと母子ともに危険な状態までになったそうです。
我が子は吸引器で引っ張られたので、産まれた時、多少頭が長かったそうですが、
今では、赤ちゃんの中でもかなりの「イケメン

我が子が産まれてきてくれた瞬間、心から「産まれてくれてありがとう」と感謝したとか。
今でも、夜中の授乳や育児で睡眠不足や育児疲れを感じる事もあるそうですが、
おっぱいを一生懸命飲んでいる我が子の姿に、どんなに疲れていても幸せを感じ
「産まれてくれてありがとう」と思い続けるそうです。

友人の母親ぶりに、頭が下がる思いでした。

小さな命をしっかり預かり、育てていく強さと優しさは大人を親へ成長させてくれます。
親は子供の成長を見守り、子供は親の成長を見ているんですね。

ハチャメチャ母さん友人よ!!
あなたを尊敬する再会となりました。ありがとう\(^o^)/

また会える日を楽しみにしていますよ☆彡

(井土 千佳)


靴屋メリーグラシスで成長






お問合せ番号 092-737-4646
メールでのお問合せはコチラ

子供靴 16:28 comments(0)
しっかり者(^O^)

早いもので5月となり、やんちゃ姪っ子小学校に元気に通っています。
毎日学校が楽しいらしく、なんとなくしっかりしてきました(^^ゞ

先日、親戚の叔母から「これやんちゃ姪っ子にプレゼント」と、
とってもラブリーな「パジャマ」を頂きました。
ヘアーバンド付きのかぼちゃパンツの可愛いパジャマ
女の子にとっては、お姫様になれそうな夢のパジャマ

子供の成長は早いので、すぐに送ってあげる事にしました(^^)

やんちゃ姪っ子が大好きな「マンゴージャム」も、丁度手に入った時だったので、
ひらがなばかりの「お手紙」添えて、実家にお泊りに来る日に合わせて送りました。

実家の姉(もう一人のおばちゃん)が「今から荷物開けるから」と、
やんちゃ姪っ子が荷物を開ける瞬間電話をくれました
「うわ〜〜〜〜可愛い〜〜〜〜キャ〜〜〜」楽しそうな声が聞こえてきます。

「ほらおばちゃんにお礼言わないと」と、
我が姉に言われ、電話に出たやんちゃ姪っ子

開口一番「あのね〜〜アタシ靴が欲しいと送って」
「はっ(・・?靴が小さくて足が痛いと??」
「ううん。全然大丈夫」
「じゃあ、靴一緒に買いに行ってあげるから、お金は用意してね」
「はぁ〜〜〜〜送ってて言いよるやろ
「お年玉いっぱい貰っていたでしょ。自分の物は自分のお小遣いで買いなさい

我が家の教育方針は「愛情は与えても、物は買い与えない」ですので、
ここは厳しく、何でも言えば貰えると思わないように、きっちり教育です。
ですが・・・次の瞬間やんちゃ姪っ子の返答には、いささか驚きました

「だって〜〜〜〜お年玉 郵便局にあるとよ」

う〜〜ん(-_-;)やんちゃ姪っ子母しっかり郵便局に預けていると教えているらしく、
やんちゃ姪っ子お年玉が自由に使えないことを、きちんと理解出来ていました。

さすがのおばちゃんも、一瞬納得しそうになりましたが、そこは甘い顔をしてはいけません
考えに考えて一言ガツンと言わなければと思ったのですが、
やんちゃ姪っ子既に「バイバ〜〜イ」と、電話を切ったのでした(@_@)

どんどん成長しています。
これからどんな小学生になっていくのか、楽しみであり・・・少々不安でもあります。

(井土 千佳)


靴屋メリーグラシスで元気な小学生




お問合せ番号 092-737-4646
メールでのお問合せはコチラ

子供靴 18:37 comments(0)
守って下さい。

最近、悲しい事故のニュースを目にします
どの事故も、大人の勝手な行動で、小さな子供の命が奪われているんです。

集団登校の子供たちに、居眠り運転の車が突っ込みました。
小さな子供の命だけでなく、産まれてくる子供と出産を楽しみにしていた母の命。
残された家族は、深い深い悲しみに落ち込まれていることでしょう。

ゴールデンウィークを利用して、テーマパークに遊びに行く高速バス。
運転手の居眠り運転で、多くの方の命が奪われました。
14歳の我が子が、椅子の下に滑り落ちたので、わが子を守るために懸命に引き上げ、
娘の命を守った後、父親は息を引き取りました。

沢山の大切な命が、一瞬で奪われる「居眠り運転事故」
残された遺族は「何でうちの子が」「どうしてこんなことに」と、
これから深い悲しみと戦い続けて、生きて行かれる事でしょう。

全ては大人の勝手な行動によるもの。飲酒運転もそうです。

車は今の社会にとって、必要不可欠な物です。
きちんとルールを守って運転すれば、安全で安心な乗り物になります。

車は沢山楽しい場所へ、私たちを運んでくれます。
車は重い荷物もラクラク運んでくれるので、大きな買い物も安心して出来ます。
車は沢山の人を1度に運んでくれるので、みんなで楽しい時間を過ごせます。

ですが・・・一つ間違えれば、大切な命を奪う「凶器」にもなるのです。

ゴールデンウィークも終わり、お父さん・お母さんは日常の生活に戻られているでしょう。
お子様達は、楽しい思い出を持って、元気に学校へ行っているでしょう。

日常の当たり前に過ごしていた時間を過ごせることが、
どれだけ大切かをもう一度感じましょう。

週末ドライブを考えられている方は、しっかり体調を整えて下さい。
運転途中に眠くなったら、パーキンで車を止めて休んで下さい。
食事中、アルコールが飲みたくなったら、アルコールフリーを探して下さい。

「これくらい大丈夫」
「あと少しで家につくから、大丈夫」

少しの気の緩みや甘さが、大惨事を招くこともあります。
家族の笑顔を見続けるために、無理はせず楽しいドライブをしましょうね。

(井土 千佳)





お問合せ番号 092-737-4646
メールでのお問合せはコチラ

子供靴 11:03 comments(0)
楽しい春♪

5月はなんだかワクワクする季節
動物園では「ベビーラッシュ
街にはピカピカのランドセル背負った「小学生
草木にはキレイな緑輝く新緑

新しい生命を感じる気がします

5月5日は「子供の日
端午の節句でもありますから、街には「鯉のぼり」を見かけます。

私が小さい頃は、近所の家に大きな「鯉のぼり」が元気に泳いでいました
お父さん鯉
お母さん鯉
子供の鯉

青や赤・キラキラゴールドに輝く鯉も(^^ゞ

鯉のぼりの隣には天竺金銀武者織が、迫力満点で一緒に風に吹かれていました。
男の子の名前を入れて、庭にしっかり上げられていたことを思い出します。

最近は住宅状況で、あんなに大きな鯉のぼりは見かけなくなりました。
ある日、驚きの光景を目にしました
実家の近くの運動場に、沢山の鯉のぼりが並べられて泳いでいる

きっと、不要になった鯉のぼりを集めて飾られているのでしょう
なんだか凄く迫力があって、思わず元気になりました

昨年の東日本大震災の後も、沢山の鯉のぼりが集められて、被災地に送られました。
春の桜
初夏の鯉のぼり
夏の太陽
秋の紅葉
冬の雪景色

四季を通じて、私たちは沢山の元気と勇気を与えられていることに、
改めて気付き、感謝をしました。

復興は始まったばかり。

まだまだ長い年月の支援が沢山の支援が必要です。
ですが、日本は大丈夫

沢山の「笑顔」と立ち上がる「強さ」を持っている日本は、
世界中が「日本って凄い」って、腰抜かす様な復興が、
必ず出来るとやると思います。

(井土 千佳)



お問合せ番号 092-737-4646
メールでのお問合せはコチラ

子供靴 18:25 comments(0)
元気いっぱい(^_^)/

最近、街中で子供達を良く見かけます
気付けば「春休み」になっていましたヽ(^。^)ノ

様々なテーマパークでは、週末になるとお子様向けのイベントが盛りだくさん
ご両親も、お子様と一緒に楽しまれているのでしょうね。

先日、定期的に行く「献血」の施設がある場所で凄い人数の子供達を見ました
中学・高校生くらいの集団が、子供達だけで遊びに来ているようなのですが・・・
床にビニールシートまで張って、何やら「場所取り」もしているのです。
施設のスタッフの方に聞いてみると
この世代に人気の芸能人が、夕方イベントを行なうそうで、
子供達が沢山見に来ているんでしょうねと。

ほほ〜〜私が中学・高校生の頃とは遊び方も変わったんだな〜〜と、
自分の学生時代を思い出してみました。

中学・高校時代はスポーツに明け暮れる毎日だった私
友人と遊びに行くことも少なく、いつも部活の仲間と一緒にいました。

たまの休日に遊ぶとしても、友人の家に行って話をしてみたり
自転車こいで、遠出してみたりと
簡単で素朴な学生生活を送っていました。

子供達だけで商業施設に遊びに行くなんて
全く考えられなかったです。
もちろん、田舎ですので都会にでる電車賃の、
子供料金とは言え、お小遣いがなくなるのではないかと思うくらいです。
その上、駅まで行くのにバスで30分街に出るのに電車で30分
移動時間もかなりかかるので、あの頃は、きっと面倒だったのだと思います。

先日見かけた「中学・高校生」はファッションもオシャレでした
髪型もキレイにセットしているし、驚いたのが化粧しているでは無いですか

すっぴんで可愛い時代なのに・・・勿体ないですね。

その時の輝きを、ぜひ大切にして欲しいと思った一日でした。

春休み沢山の素敵な思い出を作って、新年度を迎えてください(^O^)

(井土 千佳)




お問合せ番号 092-737-4646
メールでのお問合せはコチラ

子供靴 18:35 comments(0)
素敵なお手紙♪
早いもので3月になりましたね
先日、実家の壁に大きな「メッセージ」がありました。

お昼間に怪獣姪っ子が来ていたらしく、
すれ違いで帰ってくる私に、素敵なメッセージを残してくれていました


「なつもちかちゃん おかえり」です。
理解不能な怪獣姪っ子の頭の中(・・?

実家のもう一人の「おばちゃん」に意味を尋ねてみると・・・
もまだまだだと言うのに、怪獣姪っ子「茶摘み」の歌を口ずさんでいたそうです。

実家の台所の壁は「ホワイトボート」のように、書き込み可能な素材が貼ってあるので、
低く小さなスペースは、怪獣姪っ子の落書きスペースです
時には「お人形」時には「理解不能の文字」が書いてあって、
帰るたびにおばちゃんを笑わせたり感心させたりしてくれるスペースです。

テレビでなのか??
幼稚園でなのか???
お習字の課題なのか????は不明ですが、
どうやら耳に?記憶に残っていた様子で、ペンを持って壁に書き始めたそうです。

「なつもちか」まで書いた瞬間
すれ違いに私が実家に戻ってくる事を思い出したらしく、
なつもちかちゃんに、いつの間にかなっていたみたいですヽ(^。^)ノ
そして横には「おかえり」を書いてくれました。

数年前から週に1回「習字教室」に通っています。
最近、しっかりした「字」を書くまで成長しました。

まだまだ怪獣ですが、最近は少しずつ落ち着いてきました。

春から「ピカピカの一年生」になります。

そろそろ「怪獣姪っ子」のネーミングも卒業させないといけないかな〜〜と、
最近思っています。

(井土 千佳)


靴屋メリーグラシスで楽しい成長





お問合せ番号 092-737-4646
メールでのお問合せはコチラ

子供靴 16:35 comments(0)
親の愛情は永遠に。

先日、ある芸能人の方が新曲を出されました。
5年前、最愛の娘を事故で亡くされたのですが、
亡くなった娘に対しての気持ちを、書かずにはいられなかった御様子です。

5年前の朝、最愛の我が子は小学校に「行って来ま〜す」と元気に家を出ました。
20〜30秒後・・・・一転して悲しい朝になりました。

自宅から100m程先の「横断歩道」を渡っていた時、
ダンプカーが彼女を巻き込んだのです。

直ぐに近所の人から連絡を受けて現場に向かったご両親。
父親はきっと道路のどこかに、泣きじゃくる娘がいるはずと思っていたのに、
気付けば、なぜかダンプカーの下を一生懸命覗いてわが子を探していたと。
そして、両足がありえない方向に曲がっているわが子を発見したそうです。

その時、なぜ周囲ではなく車の下を探したのかは思い出せないと。

父親は事故前日の夜、仕事から帰ってきて眠っている娘寝顔を見ながら、
「俺が絶対守ってあげるね。何があっても守ってあげるね」と話かけていたそうです。
翌朝、娘は母親に「昨日の夜、お父さんが守ってやるって大声で言ってた〜〜」と、
楽しそうに話して学校に出掛けたそうです。

父親は「約束を守れなかった。彼女を守れなかった」と悔やんでいらっしゃいました。

最愛のわが子を亡くして数ヵ月後、当時3歳のもう一人のわが子、事故で亡くなった娘の妹さんと歩いている時、こんな事があったそうです。

近所のおばちゃんにお悔やみの言葉を頂いたとき、おばちゃんが3歳の娘に向かって、
「お名前は??」と聞かれると「○○」と彼女は事故で亡くなったお姉ちゃんの名前を言ったのです。
父親は「どうしてお名前聞かれた時に、お姉ちゃんのお名前言ったりしたの??」と聞くと、
「お姉ちゃんがいなくなって、大人が暗い!!私がお姉ちゃんの名前になれば、大人が皆前みたいに明るくなってくれると思って」と答えたそうです。
父親は驚きと同時に、3歳の娘を守れていなかったと反省したそうです。

朝の身支度をしながらテレビ見ていた私は、思わずお化粧が落ちそうなくらい涙が

3歳の妹は、姉の突然の「死」をどう受け止めていたのでしょうか??
昨日まで一緒に優しく遊んでくれていた「姉」が突然いなくなる。
周りの大人は昨日までは笑っていたのに、突然暗くなって・・・
両親も悲しそうな顔をしている。

3歳の小さな心は、きっと全て分かっていたのでしょう。
小さな心は大人以上に傷ついていたのかもしれません。

両親が子供を守る心は、何があっても無くなる事はないと思います。
私の母も、70歳を超えてもやはり40歳のわが子を心配し続けてくれます

わが子を亡くした芸能人の方はその後、ボランティアなどで積極的に交通事故撲滅運動に参加されています。
マスコミで愛するわが子がいなくなった瞬間の事を話す度に、
きっと彼女の事を思い出し、辛い・悲しい気持ちになっていらっしゃる事でしょう。
ですが、彼女の事を思い出すことは「守ってあげている」のではないかと私は思います。

素敵な妹さんも、きっとお姉ちゃんの事を大切に・身近に感じながら、
これからお姉ちゃんの分も生きていくことでしょう。

家族の愛って、想像以上にパワーがありますね。

(井土 千佳)

靴屋メリーグラシスで楽しい時間















お問合せ番号 092-737-4646
メールでのお問合せはコチラ

リコスタ 17:04 comments(0)
6歳になりました(*^_^*)

怪獣姪っ子やっと6歳になりました(●^o^●)
姉の子とは言いながら、子供の成長のスピードには驚きます

オバちゃんはお誕生日のお手紙を送りました。
すると・・・「オバちゃん〜〜ありがとうお手紙届いた

お習字を習っている姪っ子は、最近しっかり「ひらがな」が読めるようになったので、
オバちゃんは、ひらがなだらけのお手紙を送りました。

ですが
怪獣姪っ子は「シールシールいっぱい貼ってくれて嬉しかった〜〜

プクプク膨れたシールを沢山貼ってあげていたので、大喜び
子供って、なんであんなにシールが好きなんでしょうねヽ(^。^)ノ

怪獣の頭の中には「シール」しか入っていないようですが
まあ、喜んでくれたので良しとしましょう。

「ウサギのマークが届いたよ
「ウサギのマークって何よ??」
「ランドセル

そっか〜〜(^_^)v新一年生には嬉しい「ランドセル」
「ランドセル何色にしたの??」
「赤オバちゃんは何色使っていたの??」
「赤(^_-)-☆」
「やった〜〜おばちゃんとお揃いの色だぁ〜〜〜〜」

電話の向こうで喜んでいる声を聞くと「可愛いやつだな〜〜」と思います。

その後「おばちゃん・・・絵が下手だよ(-_-)」
「何(・・?お手紙に書いた似顔絵の事??」

一瞬、6歳に冷たく言われて・・・どの絵か思い出せませんでした
今回、お誕生日カードの表に女の子の顔を書きました
実は・・・自分でも「う〜〜(-_-;)おかしくなったが・・・まっ良いか
さらっと流していたんですが・・・怪獣は鋭く気付いていたのです

「おばちゃん一生懸命書いたのに・・・(*_*)」
「でも下手くそだったよ」

純粋で無邪気な声で言われると・・・心のにグサッと刺さりました
次の誕生日までには、少し絵の練習をします。

怪獣姪っ子春からピカピカの一年生
頑張って素直に成長してくれよ〜〜〜

(井土 千佳)


靴屋メリーグラシスで元気に成長





お問合せ番号 092-737-4646
メールでのお問合せはコチラ

リコスタ 18:21 comments(0)
電池切れ??(@_@)??

寒さ厳しい2月ですね
半ズボンの小学生を見かけたとき「大丈夫〜〜」と心配になりました。
「子供は風の子」とは言え・・・せめて長ズボンを履いて下さいね。

先日実家に帰ると怪獣姪っ子がいました。
「平日に何でいるの?・幼稚園は??」
すると・・・
「この前お遊戯会のリハーサルとお遊戯会があったから、火曜日まで休み
しっかりお返事してくれたので、オバちゃん納得です。

怪獣姪っ子おばあちゃんと仲良く「お昼ご飯」の準備中。
何をしているのか覗いて見ると
のヒレ部分を調理ハサミでチョキチョキしてます。
その横で、おばあちゃんは魚を下ろしてお刺身作成中

その後、皆で沢山お昼ご飯を食べて楽しい時間をすごしました(*^_^*)

怪獣姪っ子「オバちゃん公園に行こう
寒空の中・・・2人で公園で走り回りました

怪獣姪っ子に負けたくないオバちゃんは全速力で走り
滑り台や遊具を次から次へ楽しみます。
モチロン怪獣姪っ子も全速力で走ります

気付けば1時間が経ち、怪獣姪っ子一言「疲れた・・・(-_-)」

おやつの時間になったので、お家に帰って温かいお茶とお菓子でのんびり
その後はDVD観賞しながらコタツでマッタリしていました。

怪獣姪っ子お遊戯会の疲れから眠そうなのですが、なかなか寝ません。
「オバちゃんとお風呂に入るオバちゃんとご飯食べるオバちゃんと寝る
なかなか会えない姪っ子は、久々のオバちゃんとの時間を楽しんでくれます

その日は夕方6時ごろにお風呂に入り、直ぐにご飯を食べました。
歯磨きを済ませ・・・お布団に入ったのは夜の8時。
いつもお布団の中で絵本を読んだりする怪獣姪っ子なのですが、
布団に入って2〜3分後・・・グ〜〜グ〜〜大きないびきが聞こえました

さっきまで大暴れしていたのに、電池切れで動かなくなったロボットの様に
一瞬ので、眠りについたのです。

小さな身体でお遊戯会で踊って
小さな身体で公園で走り回って
お腹いっぱいご飯を食べて、グッスリ眠る(^_-)-☆
これが本来の子供の姿だな〜〜と可愛い寝顔に癒やされました

よく深夜のスーパーで小さな子供を見かけます。
夜の11時に友人からかかってきた電話の向こうで、子供の声がしています。
子供の成長に「睡眠」はとても重要です。
特に深夜10時〜朝2時までの4時間は「成長ホルモン」の分泌が盛んです。
その時間帯にしっかり眠っている事が、子供の成長に影響するのです。

共働きでどうしても帰宅が遅くなるご両親もいらっしゃるでしょう。
子供を早く寝かしたい気持ちがあっても、難しい方も多いと思います。

そんなガンバルご両親のサポートが充実する日本になる事を望みます。

(井土 千佳)





お問合せ番号 092-737-4646
メールでのお問合せはコチラ

リコスタ 12:07 comments(0)
おしゃべりヽ(^。^)ノ

2月のスタートです
まだまだ冷たい北風の毎日ですが、
小さな子供達は元気いっぱい走り回っています

当店の前の道路は小学生の「通学路」になっています。
お昼過ぎると、集団下校している小学生が元気に帰っていきます

「わ〜〜〜〜」「きゃ〜〜〜」と元気な声が聞こえると
思わず店内のお客様と「子供は風の子ですね〜〜」と会話が弾みます。

当店のお隣のマンションにお住まいの素敵な親子さん
お父さんはお仕事ですから、平日はお母さんと男の子が日課のお散歩ですヽ(^。^)ノ

スタッフ初めてその親子さんにお会いしたとき、
男の子は1歳くらいだったでしょうか??

ゆ〜〜っくりテクテク歩く男の子のスピードに、
お母さんがキチンと合わせて歩かれていました。
その頃は、まだおしゃべりも出来ず会話にならなかった彼
最近はキチンとお話しが出来るようになってきました(●^o^●)

男の子とお母さん仲良くお父さんの「お使い」にお出掛けです

今朝も店内のエアコンのフィルターを洗って外に干していると
「おはよ〜〜」スタッフとお話しスタートです。

スタッフが手にしているブラシを男の子に渡してみると
壁に立てかけていたフィルターを「ゴシゴシ」お手伝い
その後は、床の水がかかっているところを「ゴシゴシ」と言いながら、
ブラシでお掃除のお手伝いしてくれるではないですか(^_^)v

その後「いってらっしゃ〜〜い」とお別れすると、
「バイバ〜〜イ」と元気に走ってお買い物に行きました

子供の成長は、本当に凄いなと改めて感じました。

おしゃべりが上手に出来るようになってきた彼
お手伝いをしようとする気持ちが芽生えてきた彼
自分の意思を伝る事を始めた彼

これからの成長過程がとっても楽しみです(^_-)-☆

今はまだスタッフに抱っこされても平気な彼に、
拒否されないように「近所の良いオバちゃん」でいられるようガンバリます。

(井土 千佳)


靴屋メリーグラシスで成長が楽しい♪
お問合せ番号 092-737-4646
メールでのお問合せはコチラ

子供靴 16:21 comments(0)
<< 2/45 >>
お母さん!!
子供の足は6歳までに形作られます。そのため、しっかりした子供靴が必要だとご存知でしたか??
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
スマートフォンサイト
スマートフォン用サイトに
アクセスしてくださいね♪
携帯サイト
メリーグラシス携帯サイト
ぜひチェックしてください♪
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

NewEntry
Twitter
Category
Comment
Archives
Mobile
qrcode
Profile
Links
Other